最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

演奏会に適したドレス選び

オーケストラのスタッフの一員として、学生時代から楽器や音楽に携わってきた私にとって、
演奏会で着用するドレス選びにはこだわっています。

一番重要なのは、楽器を演奏する際に袖や裾などが邪魔にならないデザインを選ぶことが挙げられ、
フリル袖やティアードデザインは省くようにしています。

さらに演奏会によってはステージが薄暗い場合もあるため、
明るさ具合や照明の熱のあたり具合によっては、きらびやかに映えるデザインや素材選びも購入する時に求めることができ、
意外と出演する側にとってはこだわりを持ち選んでいるものです。

演奏する題曲によってはバリエーション豊富なカラードレスからイメージに合うカラーを選ぶことも必要で、
明るいPOPな演奏の際には品がありながらもフェミニンに魅せるカラーとしてレモンイエローの淡色を選んでいました。

淡色は締め色となる濃色と異なり、細身スタイルの私のボディラインも女性らしいふくよかさのあるラインを作り出してくれる利点があります。
私のお気に入りの1着は、形は脚長や美脚に魅せられるAラインドレスのベアトップですが、ストラップを付けることで2通りの着こなしができる2WAYデザインです。
ステージでも美しく見える光沢のあるサテン素材の上にチュール素材を2重3重に重ねたロングタイプで、
胸元にはカットレースときらびやかなビジューをあしらってあり、バスト部分にはパットを仕込めるので淡色ドレスも華やかに魅せることができています。
ウエストビジューの切り替えデザインでお腹周りをスッキリさせられ、演奏会らしいデザインとなるふんわりチュールスカートがポイントとなっています。
スカートの内側のパニエは3段縫いに仕上げることによって程よく広がりある表情なので、華やかさも演出してくれます。

さらにドレスは、素材や装飾品によって意外と重さがあるので着脱の時が厄介なのですが、
サイドにファスナーが付いていて、脇下から腰下までザックリ開けられるので1人でも簡単に着替えることができるのも選ぶ際のポイントだと感じています。

楽器はフルートなどの金管楽器などを扱うので、顔周りを華やかにするデザインを選ぶようにしていて、
お気に入りのドレスも大小様々な形のビジューが胸元にちりばめられているのでラフ板効果もあって顔映えする点も気に入っています。
今のトレンドはミニドレスなので、次回演奏できる機会が頂ける場合にはミニ丈も着用してみたいと考えていますが、
ミニ丈の場合には観客の方に脚を露出することで不快な印象を与えないステージ後方のポジション、
または脚先までが目につきやすいピアノなどの楽器に触れる際に利用するのが適しているので、そうした場面で挑戦してみようと考えています。
オーケストラの演奏会衣装に相応しいエレガントなブラックドレス ディープグリーンの凛とした演奏会用ドレス 情熱と、陽気さを兼ねたオレンジのお呼ばれドレス 上品でオシャレな夜空色のパーティードレス 落ち着きと重厚感を感じるブラックのドレス 空のような美しいホワイトブルーのドレス


全国コンサートホール情報