最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

演奏会を録音するときの注意

音楽に対して勉強熱心なクラシック音楽マニアや、
演奏会で多くの学びを取り入れようとしている学生さんなどが、度々録音しているのをちらりと見てしまうときがあります。
確かにクラシック音楽の録音というものはコンサートの臨場感をレコーダーに取り入れることによって、
後から「ここは良かった」「ここで演奏を少しミスしたな」などの研究を行うことが出来ます。
私自身も自分で演奏している音を実際に録音して、改めてそのクォリティをチェックして、
改善点を探していたりしていました。

そこで今回問題なのが、演奏会で起こる、録音にまつわるトラブルです。
映画館でも録音や撮影などの行為が禁じられていることは皆さんもご承知かと思います。
演奏会も基本的に録画や録音の行為を禁じています。
しかし、録音に関してはカメラをステージに向ける必要もないので、正直なところ、勝手に音を拾っている方も少なからずいます。

コンサートによっては著名な音楽家の著作権を守る為に、会場に入場する際に持ち物検査をするかなり神経質な音楽家の方もいます。
しかし、さすがに持ち物検査までする音楽家の方々は少ないので、かばんの中に録音機械が入っているとまでは調べられません。
ですので、黙認して録音を渋々許可している形になっているというのが現状です。

しかし、演奏会でなぜ録音などの行為が禁止されているかというと、著作権の問題は勿論のこと、
演奏会の進行の妨げになる可能性が発生することを、演奏会の主宰者の方々は危惧しているのです。

録音機会というものは、中には音を発して起動などを知らせる昨日を搭載しているものがあります。
そういったアラーム音は演奏会の妨げの対象です。
こういった雑音を取り除く為にも音楽家の方々は、演奏会の演出の一つとして、
出来るだけ客席からは音が出ない対策をこうじています。
永遠を感じさせるそんな演奏会ドレス 綺麗な海、宝石を連想させるセルリアンブルーのドレス 落ち着いていて大人っぽさを感じる小豆色のドレス 花柄が美いエメラルドグリーンのドレス 妖艶な雰囲気のパープルの演奏会ドレス スパンコールが美しい演奏会向けドレス


全国コンサートホール情報