最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

コンサートホールに思うこと

私はそもそも、新国立劇場にまったく期待など抱いてはいなかった。なにしろ、それまでさんざん二期会だの藤原歌劇団だのによる、笑止千万な上演を見させられてきたからだ。たとえ、劇場が立派であっても、一朝一夕で上演のレベルが上がりっこないなんて、小学生にでもわかることじゃないか。知り合いのなかには、過剰に期待して劇場近辺に引っ越すなどと息巻く者もいたが、私はとことん懐疑的だった。しかも、発表されたオープニング企画が実に低レベルだった。フランコ・ゼッフィレルリ演出によるヴェルディ『アイーダ』とヴォルフガング・ワーグナー演出によるワーグナー『ローエングリン』だ。このふたりの演出家とも、1960年代的発想をまったく抜けきれていない、もはや化石のような人物だからだ。これはもう私が口を酸っぱくして言っていることだが、芸術ってやつは、常に新たな冒険を求めるものなのだ。新しい劇場を作って、オープユング演目をこんな老人たちにやらせるということ自体、恥ずべき事態としか言いようがない。世界中に向かって、日本のオペラ理解がいかに遅れているかを宣伝しているようなものだ。私が初めて新国立劇場に出かけたのは、ロッシーニの『セヴィリヤの理髪師』を見るためだった。まるでホテルの宴会場ロビーみたいな天上の低さに、やっぱりなあと思いながら入場したのだが、ホールのアコースティックは悪くなかった。というより、世界有数の明快な響きじゃないかと驚いたというのが正確だ。
太陽のようなオレンジの演奏会ドレス ピンク×ブラックのお呼ばれドレス 紫陽花のようなミルキーブルーのドレス 演奏会など特別な日のドレスにおすすめ 上品で見栄えがするレッドカラーのパーティドレス スタイルが良く見えるネイビーのエンパイアドレス。


全国コンサートホール情報