最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

オペラでの席選びのポイント



オペラの大半は広い会場で上演される。ではJどこがよい席なのか。値段の高い席がよい席である。と言いきれれば簡単だが、それではあえてこういう項目を設ける必然性はない。まず、よい席とは何か?舞台がよく見えること、歌がよく聞こえること、特にオペラの音楽面に興味がある人にとっては、オーケストラピットがよく見えること、オーケストラがよく聞こえること。それに加えて、字幕がよく見えることも初心者にとっては結構重要だ。残念ながら、すべての条件を満たす席はまず存在しない。舞台をよく見るためなら、やはり近めの、それもまんなかの席で見るのが好都合なのは否定できない。しかし、最近ではS席と言っても、二階もあれば、三階もある。このあたりを考えて買わないと、損をした気分になることもあろう。歌がよく聞こえるためには、近い席もよいが、意外と遠くの席も悪くない。音はだいたいホールのてっぺんや端に集まることが多いから、安い席でも十分楽しめることも稀ではない。安い席に座っているのはマニアが多いので、声をかけて尋ねてみるのがいい。オーケストラピットを覗き、指揮者の動きを見るには、ちょっと上の席がよい。音も、一階は詰まった音になりやすいので、二階以上、しかも左右両サイドが好適。字幕はケースバイケースだが、まずは上方に出るので、一階からはうんと見上げないと見にくいことも多い。くたびれてしまうので、ちょっと上の席にしたほうが無難かも。あえて私の趣味を述べるなら、東京文化会館、オーチャードーホールなら二階の脇、袖のようにのびているところが、音がダイレクトに来るので好きだ。むろん、一階のそこそこ前のほうの席なら端っこでもないかぎり、まずはよい。NHKホールの三階の後ろのほうの席なら、行くだけ無駄と割り切って、行かない。見えない、聞こえないで時間がもったいない思いをするばかりだから。新宿にできる新国立劇場はどうなんでしょうか。初心者のうちは、まず一回は高いお金を奮発して、一階の舞台に近い席で見てみること。そうすれば、遠い席に座っても、感じがわかりやすい。ところで、裏技として、安い切符を買っておいて、休憩時間に空いている席に移動する人もいることを書いておこう。スマートにやればたいして目立だない。ただし、たまに案内嬢に文句を言われることがある。もちろん、混んでいるときにはまったく不可能だ。
幻想的なエメラルドカラーのステージドレス 生地の良さが生きるシンプルで上品なブルードレス 儚くも美しきまぼろしのようなドレス 上品でオシャレな夜空色のパーティードレス キュートなピンクの演奏会ドレス 空のような美しいホワイトブルーのドレス


全国コンサートホール情報