最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

オペラのチケットの値段が高い理由

初めて日本のオペラの値段を知った人の多くは、あまりの高さにギョッとする。有名オペラハウスなら最高席で五万円以上が当然で、NHKホールのいちばん後ろの席ですら一万円程度なのだから。確かに、諸物価を考えた場合、この額はナンセンスにも思える。特に外国でなら、同じ内容が数分の一の値段だったりするのを知ればなおさらだ。しかし、理由もなく高いわけではない。まず、一流の出演者を揃えるのにとてつもない金がかかる。トップクラスは一晩歌って数百万円のギャラを要求する。日本の贅沢なお客を満足させるには、オールスターキャストを組まねばならない。合唱団員、オーケストラから舞台裏まで何百人もの人々が泊まるホテル代がかかる。東京のホテル代は世界最高水準だから、一ヵ月も公演すれば総額がどれほどになるのかは想像もつかない。むろん、日当だってある。しかも、近頃では日本が豊かなことが世界的に知られすぎているため、出演者はよそよりも高いギャラを要求するし、みんな高級ホテルに泊まりたがる。そして、日本では国や自治体からの補助金がなく、せいぜい企業から協賛金を受けるのが可能なくらい。とすれば、チケットの値段が釣り上がるのも当然というもの。数少ない最低券を獲得するために、マニアは何日も並んだりするのだ。ただし、だからと言って、これでよいとは限らない。プレイガイドを通さなければ、手数料分チケットを安くできるはずだし、末端の関係者に払うギャラまで異様に高いという話も聞く。変な席まで最高の値段で売っているのも疑問がある。高い席はお金持ち用としていくら高くてもよいから、細かな席割り、価格体系を実施して、お客の好みの多様性に対応するのは可能なはず。塩や米ではないから、高いなら買わないまでのことゆえ、事態が急激に改善されるとは思えないが、安いチケットが欲しい人に裏技をひとつだけ教えよう。それは同志を募ることだ。数は多いほうがよいが、三十人も集まれば十分なはずだ。直接マネージメント会社に電話して団体券を売ってくれないか交渉してみよう。あっというまに売り切れてしまう演目はダメだが、それを除けば、仰天の値段で買えるかもしれない。上演日が近づいても切符が売れない場合、音楽大学などに学生鑑賞券などの名目でディスカウントの案内が送られてくるのは公然の秘密なのである。
暖かい赤みが特徴のレッドカラーのどドレス ピンク×ブラックのお呼ばれドレス アツく燃え滾るレッドの演奏会ドレス 柔らかいピンクのロングドレス 落ち着きと重厚感を感じるブラックのドレス パステルカラーと花柄模様がマッチしたドレス


全国コンサートホール情報