最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

なぜオペラは外国語で上演されるのか

初めてオペラに触れた人は、これが外国語、それもたいていはイタリア語やドイツ語で歌われるのに驚く。それはそうだ。世界で通用する英語ならともかく、イタリア語なんて、イタリア料理以外の分野ではそんなに広まっているものでもない。「それなら、英語や日本語でやればいいのに」とあなたは考えるかもしれない。確かに、台詞の意味が通じるという点ではそれがいいに決まっている。だが、さまざまな事情からそうはなっていないのだ。なるほど、日本にも外国にも翻訳した歌詞を使った訳詞上演があるにはある。しかし、日本に限らず、どうも高級っぽいムードに憧れるオペラファンは、外国語を好むのだ。「アメリカ英語みたいに軽薄な言葉じゃ、ちょっと」とか「演歌と同じ日本語というのは…」という心理が無意識にあるよう。また、ある程度鑑賞を続けてみると、「あたしはあなたが好き、死ぬほど好き、ふたりでいつまでも…」なんて歌詞は、いちいち全部理解するまでもないと思えてくる。ためしに、有名なアリアでも日本語で口ぐさんでみるがいい。ちょっとバカバカしく感じないでもないはずだ。それに、一度字幕がついた映像を見たり、訳詞を見ながらCDを聴けば、それ以後は何となく内容を把握できて、ミーは外国語オーケーよ、になってしまうのだ。もちろん、理由はそれだけではない。歌のメロディとぴたりと合う訳詞
を作るのは難しい。まずい訳だと、意味は通じても、作曲者が苦心したメロディと言葉の乗り合いが壊れてしまうし、聴いていても変に感じられる。
スタイルが良く見えるライムグリーンのドレス 激しく情熱的なコンサートドレス 情熱と、陽気さを兼ねたオレンジのお呼ばれドレス 黒でもシックなドレス キュートなピンクの演奏会ドレス 爽快でさわやかな若々しさを感じる水色のドレス


全国コンサートホール情報