最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

ドイツオペラの魅力とは

ドイツオペラの雄は何と言ってもワーグナー。歌だけでなくオーケストラを技巧的に駆使した彼の作品は、イタリアオペラの直数的な感情表現をさげすむ音楽愛好家に人気が高い。
ワーグナーのオペラの内容は、まさに作曲者の世界観を表したものであり、感情に強く訴えると同時に、思惟を誘うことは確かだ。日本にも日本ワーグナー協会という愛好者団体があり、毎年ワーグナーの研究や解釈を満載した年報を出しているほどである。モーツァルトもオーストリアというドイツ語圏の作曲家であるが、彼のもっとも魅力的な「フィガロの結婚」「ドンージョヴァンニ」といったオペラは、イタリア語の台本やイタリアの様式によっており、純粋なドイツオペラとは呼べない。となると「後宮からの誘拐」「魔笛」がモーツァルトの代表的なドイツオペラということになる。これらを「フィガロ」「ドンージョヴァンニ」と比較すると、音楽が単純でわかりやすく、ストーリーや台本も稚拙で、いかにも歌芝居的な印象がする。それは、当時、一流の音楽とはイタリアの音楽であり、ドイツの音楽は二流で田舎っぽいと考えられていたことと関係がある。ほかではウェーバー、リヒヤルトーシュトラウスといったところがドイツオペラの代表だろうが、前者は有名なわりには上演されず、後者はなかなかに知能犯的で、予備知識を必要とする作品が多いので、少数の例外を除けばみなから愛されるといった段階までにはいたっていない。
お姫様系のワンショルダーレッドカラードレス ピンク×ブラックのお呼ばれドレス 向日葵を彷彿とさせるレモンいイエローのドレス ブラックのワントーンの演奏会ドレス 上品で見栄えがするレッドカラーのパーティドレス 落ち着いていて大人っぽさを感じる小豆色のドレス