最新演奏会ドレス情報
このサイトでは最新演奏会ドレス情報を随時公開しています。 貴方に合った最高の演奏会ドレスが見つけるお手伝いをさせて頂きます。

オペラを見に行く前に知識を身に着ける



気の利いた人、律儀な人は、「あらかじめ入門書でも読んでおくか」と考える。それに勝るはない。ぶっちゃけた話、ある程度の予備知識があったほうがオペラは楽しめるのだ。スポーツ観戦でルールや技を知っておくようなもの。オペラの入門書はいくつもある。はっきり言って、今出ているオペラ入門書の大半はピンボケである。その主な理由は、無駄な情報が多すぎ、取り上げる演目が多すぎるからだ。欲張りすぎなのだ。というのも、何より私がオペラ大好きだからだ。なぜ私がオペラ大好きだとダメなのか?オペラのどこが普通の人にはわかりにくく、つまらなく、抵抗があるかをてんで無視しちゃうからである。そして、読者はオペラを好きになるものと決めてかかっているからである。むろん、あなたがオペラを見て、すっかり夢中になってしまうとしたら、それはそれで結構なことであって、とやかく言うことではない。しかし、最初から「あなたも通になるのです」という前提で出発する入門書とは何だろう。考えてもみるがいい。野球や相撲などのスポーツを見る人がいちいちその競技の歴史を知っているだろうか。テレビなどで何度も繰り返し見ているうちに、おのずと知識が増えてくる、そういうものだろう。それにしたって、歴史を覚える前に、ルールや戦術に通じるのが先のはずだ。なぜって、ルールや戦術の知識のほうが、さしあたって試合を楽しむためには歴史そのものよりも必要なものなのだから。しかし、オペラ入門書には必ずオペラの歴史や作曲家の経歴が書いてある。今から四百年も前に書かれた最初期のオペラなんぞしょっちゅう見られるわけでもないし、作曲者の私生活を知ったからってつまらない。オペラがおもしろくなるわけでもないのに。いちいち暗記してくれるのは音楽史のテストを受ける大学生くらいだろう。テレビドラマを見るのに、いちいち脚本家のことを調べる人間はそうはいないのと同じだ。上演の前に予習をしようとCDやLDを買えばたいがい結構な解説や歌詞対訳がついてくる。要領よく行こうじやないか、というわけだ。オペラファンならば、オペラはすばらしい、おもしろい、こんないいものはない、だからたくさんの演目を見よう、という前提で話を進めるだろうが、そんなことはしない。すごいオペラもある、そうでないのもある、おもしろいところも、ついていけないところもある、そこをはっきりさせたい。また、七万円でオペラの切符を買う人たちに対して、「でもそれなら、ハワイに格安ツアーで行けるじゃん」と言える人間である。デートなら、同じ値段でフランス料理食べてシティホテルに泊まったほうがいいんじゃないか、と言いたくなる人間である。
永遠を感じさせるそんな演奏会ドレス 激しく情熱的なコンサートドレス 紫陽花のようなミルキーブルーのドレス 着こなしやすいアイボリー(ベージュ)のパーティードレス 落ち着きと重厚感を感じるブラックのドレス 空のような美しいホワイトブルーのドレス


全国コンサートホール情報